<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< 箱根駅伝観戦ガイドその2・ゴール前とは?編 | main | やっと2009年がやってきた? >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
箱根駅伝観戦ガイドその3・来年の箱根のために編  
箱根駅伝観戦ガイドその2からの続きです。

あ、お久しぶりです(笑)。だいぶ、季節はずれの感も否めませんが、まぁまぁこれが役に立つのは来年以降のことですから、あと11ヶ月の間に書けば、ねぇ・・・・(と言い聞かせる自分)

さて、今年初めて「箱根で箱根駅伝」を体験したわけですが、はっきりいって「病み付き」です。
というわけで、来年以降、機会があればまたきっと行くであろう自分と、「いつかは箱根へ!」を画策している皆様へ、観戦時におさえておくべきポイントを備忘録をかねて記録しておきましょう。

<注!>今年行った体験談のみに基づくので、かなり偏りがありますがあしからず。

富士山 箱根へ行く時間


私が箱根町港(ゴール前)についた午前11時では、ゴール地点を取り囲むあたりの沿道の「最前列」はほぼ埋まってました。このラインをGETするにはもう早朝6〜7時台の凍死覚悟が必要です。

周りにはかなりの観戦客が集まってきているものの、2列目以降は結構まだところどころ行けそう。なぜなら!この時間ではまだ「豚汁」が配布されていたり、記念グッズが発売されていたりと、お祭り気分を味わっている人たちが多く、まだまだ観戦モードにはなっていないから。

大型ビジョンはかなり遠くからも見えるので、豚汁食べつつ芦ノ湖眺めつつ・・・それでは家でテレビを見ながら雑煮食っているのも同然!ここは覚悟を決めて、観戦場所を確保しましょう。

<まとめ>
●確実にゴールを見られる位置(最前列でなくても)を確保するなら午前10時までに到着すべし。
●Pascoの食パンが欲しいなら午前9時前。甘酒が欲しいなら10時前。豚汁が欲しいなら12時前。
●すべての振る舞いをGETし、なおかつ最前列で見たいなら泊まれ!


富士山 箱根の持ち物


今回私たちが「これは必需品!」と買いこんで行ったものは「ことごとく」役に立ちませんでしたので、反面教師風に・・・。

●ワンセグ携帯&充電器・・・・戦況確認には必須!と思いきや、箱根の山は電波来ねぇ〜!!!!!!
ロマンスカーもせいぜい秦野まで。登山鉄道・ケーブルカー道中は一切ダメ。ロープウェイでは最高地点の大涌谷通過中のみ「ちろっ」と可能。海賊船でもゴールについてからも全くダメ。

●使い捨てカイロ・・・極寒の箱根を想像し、スキー場仕様の重装備で向かいましたが、幸か不幸か今年はピーカンのぽっかぽか。カイロは道中1個しか使いませんでした。
ただし、日陰と日向ではかなり違うので、場所によってはいくつあっても・・・の世界です!!!!

●あったかいお茶・・・観戦場所を一度決めて立ってしまうと、もう殆ど動けません=トイレに行けません。お茶を飲むとトイレが近くなる人は要注意です。

<まとめ>(ホントの必需品)
●高感度デジタルラジオ:映像は大型ビジョンで見れますが、速報は音声が大事。
●手袋:旗を振ると、手が凍ります^_^;
●カラータイツ(ズボン下):ジーンズだけでは無理!地面からの冷気はハンパないっす。



富士山 箱根の友


せっかく箱根に行くなら、駅伝の前とか後とかで箱根を満喫したい!という方には是非オススメ!

「箱根フリーパス」

最寄の小田急線からの往復代と、箱根一帯の公共交通機関がほぼ全部乗り放題の超便利な切符。
一つ一つ乗ると結構な額なんですよ。
ちなみに私の行程ですと・・・・
小田急(往復)+登山鉄道+ケーブルカー+ロープウェイ+海賊船+登山バスで、
通常6290円のところ、なんとぉ!
4880円でっ!
(※小田急の発着駅、2日間用・3日間用で値段は違います。三島駅からのバスでも可能)

安いっ! ベタなテレビショッピング風なノリもまた安い!
交通機関だけでなく、美術館やレストランの割引クーポンもついてます。

日帰りでも十分元が取れるので、これが泊まりで2日以上遊んだ日には、次の日からタダ乗りし放題です。バスでいちいち温泉や美術館を巡っても無料シャトル状態ですよ。

・・・当然ですが「箱根駅伝以外に用はない!さっさと行ってさっさと帰る」方にはまったく向きませんので、念のため。

富士山 箱根に大事なもの


全チームゴールした瞬間から、観客は一斉に帰る・・・と思いきや、勝利チームインタビューや記録速報・号外配布など、まだまだお楽しみはつきません。帰るのも渋滞、いるのも渋滞です。
ちなみに終わった直後はこんな感じ。

写真で見ると静かな群集の図に見えますが、実は号外配布で怪我人が出るほどの殺気が立ってます(ーー;)。
ゴールして1時間弱でちゃんとした号外を数千枚印刷する技術ってすごいわぁ。


さて、難しいのが帰路の選択。
通常ならば登山バスで箱根湯本駅まで40分、遊覧コース(私の行程の逆打ち)は2時間半ですが、さて一体どちらが早く湯本駅に到着するでしょう??
答えは・・・・どっちもどっち。

箱根を越える道路はまさにランナー達が登ってきた国道1号線!そこは駅伝が終わるまで交通規制がかかっているので、解除と同時に大渋滞になり、箱根の山は総パーキング状態と化します。
箱根新道(バイパス)を通る急行バスという手もありますが、まずそのバスがターミナルにも到着しやしないって(笑)。

そこでドMというか、マニアというか、物好きなわれわれは「駅伝のコースを実体験しながら帰ろう」と国1コースを選択。

結果は、バス到着まで1時間、箱根越え2時間、合計3時間でしたぁ。

最初の一時間ですよ?「あっ、ここのヘアピンカーブ中継で見たことあるぅ音譜」「こんな急勾配、よく走れるなぁ」なーんつってはしゃげるのは。あとはひたすら車酔いと渋滞との戦いですから・・・。

<まとめ>
箱根に大事なもの。
それは「時間と心の余裕」 ですね。

富士山 箱根のオマケ


駅伝スタッフには「水曜どうでしょう」ファンがいるらしい。


●箱根駅伝お役立ちサイト
「箱根ナビ」箱根駅伝特集ページ:(http://www.hakonenavi.jp/special/ekiden/index.html
駅伝観戦の定番ポイントや穴場の紹介、交通案内など、行く前に必ずチェックしておきたいサイト。

携帯日テレサイト
「箱根駅伝」(メニュー⇒テレビ⇒日本テレビ⇒箱根駅伝)
※毎年10月中旬からオープンする期間限定サイト
リアルタイムで各区ランナーの状況、記録速報が更新されます。テレビ・ラジオに頼れない時の戦況はここでチェック。(有料です)



さて、来年の1月2日。
アナタは箱根駅伝をどこで見ますか?
テレビですか。そーですか。・・・・ですよねぇ・・・。
| イベント | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト 
| - | 20:17 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chi-maru.jugem.jp/trackback/388
トラックバック
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile