<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< 40歳までにしておきたいことランキング | main | 30年ぶりの運動会へ! >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
朝原選手、感動のラストラン〜スーパー陸上2008その1 
昨日は地元川崎の等々力陸上競技場で「セイコースーパー陸上2008ジョギングが行われました。

陸上界の大御所?、北京の星・朝原宣治選手の引退レースだけあって、陸上競技会では珍しい大入り満員です。
私は本物の陸上競技会を見に行ったのは初めてで、どこに陣取ればどのレースがうまく見えるのかもよくわからず、とりあえずトラックに近そうで、でも日陰で、売店とトイレに近そうで、気ままに見えるところに座りました(自由席なので)。

競技場は実に広い。しかも、トラックの内外で他の競技も同時進行するので、本当ならばトラックのコーナリング、走り幅跳びの砂場、走り高跳びや棒高跳びの着地点、ハンマー投げの投てき正面etc.複数の見所を押さえた地点に座り、なおかつ日光の角度から逆行にならない位置!がベストらしいです。

そんなもんあるんかい!(でも、あるらしい)

そんなこたぁ知る由もない、たかだかピクニック気分のバカ夫婦二人。
まんまと直射日光まっしぐら、棒高跳びはスタート地点の後ろ、走り高跳びと砲丸投げにいたっては、「どこでやってるのかすらわからない」、あげくの果てに今日行った最大の目的、男子100mレーンからは真逆?の第2コーナー角っこに座っていたのでありました。あ、でも、ハンマー投げは正面(でもネット裏)でしたけどっ!

さて、競技会は始まり・・・・、めっちゃ忙しいのねっ!陸上競技会って!

「棒高跳び、澤野大地の試技1回目です!」
「トラックでは女子100mハードルです!」
「走り幅跳び、次は池田久美子選手!手拍子をお願いします!」
「その横では走り高跳び・日本記録保持者、醍醐選手の試技が始まります!」

おーーーい!どこ見ればいいねんっって!!!
追いつけないよぉぉ(°Д°;≡°Д°;)


ジャンパーって手拍子をうながすじゃないですか?
みんながイケクミに手拍子すれば、その裏拍ではエア大地・・・、ともすれば醍醐も飛ぶと3拍子?
油断してると室伏がもう2投目投げてるし?!
ホント悪いんだけど、スター選手が出場してなかった女子200mなんて、やってたことすら記憶にない位。
でもやっぱりどの競技も生で見ると迫力が違いますねぇ。特にハンマー投げは感激しました。
(室伏選手は最終投てきで逆転優勝!)

そんな怒涛の競技群も終わり、いよいよラスト種目、男子100m。
レースというよりは、朝原選手の引退セレモニーのような盛り上がりでした。
あの北京五輪のリレーチームメンバーが横一線に並び、一人ずつコールされると、各々に大歓声。
でも次の一瞬、満場の拍手の中スタートラインに選手がつくと、何万人という観衆が水を打った様に静かになり、スターターの声と号砲を待ちます。

・・・・・って、フライングかいっ! まぁまぁまぁ。みんな落ち着こうよ^_^;。

もう一度仕切りなおした後、ついにスタート!
湧き上がる歓声と立ち上がるメインスタンド!そしてあっという間にゴーーーール!
結果は外国人2選手の次に朝原選手が第3位。その後に塚原、末續と続きました。

レース後の朝原選手のインタビューでは、「あまり力を出し切れたとは言えない(苦笑)、みんなの歓声を聞けて幸せなレースでした!」とにっこり、さっぱりした感じでしたが、全競技終了後の引退セレモニーでは、涙で言葉にならず、北京五輪のレースメンバーも花束贈呈では号泣して朝原選手と抱き合ってました。

夕闇迫る等々力競技場で、少し涼しくなった風とともに朝原選手がトラックを去っていきました。

そして私たちもこの場にいられた幸せをかみしめつつ、帰りのバスにギューギューに詰められつつ、競技場を後にしたのでありました。

【写真特集】骨董品COOLPIX4300で綴るスーパー陸上その2 へ続く。
| イベント | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト 
| - | 12:02 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chi-maru.jugem.jp/trackback/377
トラックバック
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile