<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< 父の日〜No news is good news〜 | main | 電化製品の買い替え時期 >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ちーまる的トリビア4.〜かしこいROW関数〜 
今日はExcelで使う関数のお話です。難しい話じゃないですよ。(^^ゞ

図1のような表作ったことありますか?
見た目は見やすくてかっこいいんですが、修正が面倒くさい!
行を挿入・削除すると色がずれるし、連番うってもくずれるし・・。

<図1:こんなデザインが・・・> → <図2:行挿入すると崩れる〜>
図1
図2

そういう時に役立つのが「ROW」関数です。
使い方はいたって簡単。「=ROW()」と入力するだけで、そのセルが何行目にあるのかを教えてくれるものです。
例えば・・、A4セルに入力すると、答えは「4」ですね。

それを応用すると、次のようなことができます。

(1)崩れない連番

図3
上図は4行目からデータが始まるので、行数から3を引くと1になります。
ということは、数式は「=ROW()-3」
あとは、数式を下にコピーしておきます。

こうしておけば、他の項目で並び替えした時に(図で言えば、「製品番号順」とか「個数の多い順」など)でも、連番はそのまま!
行を途中で挿入しても、前後は自動で変わるし、新しいセルには数式コピーのみ。


(2)崩れない一行おきの色

これはもう一手間頑張って「条件付き書式」を使います。
表のデータ全体を範囲選択して、「書式」メニューの「条件付き書式」をクリック。

図4 (図はクリックで拡大します)



説明はあとあと!だまされたと思って、このまんま設定してみてください。
色は好きな色にしていいですから。
もう行をいくら追加しようが削除しようが、ちゃんと一行おきに色が変わってくれるはずです。

この数式「=MOD(ROW(),2)=0」の意味はこちら↓
「行番号を2で割った余りが0ならば、色つけてちょ!」
要は、「偶数行に色付けろや、ボケ」ってことです。
            ※「MOD」関数は「○÷△の余り」を出す関数。

行数が多い一覧表や住所録などに是非ご活用あれ!
| PCの小技・裏技 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト 
| - | 23:28 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chi-maru.jugem.jp/trackback/293
トラックバック
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile