<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< 私の言葉 | main | 大切の順番 >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ハチミツとクローバー 
『点取りますよね!』『点取らないよ、日本代表は。点取らんよね?』
『点は取らんでしょう。』

あ〜あ、某CMではありませんが今度は負けましたね、コンフェデ杯。
やはり世界ランキング6位のメキシコのスピードは、まだまだ手強い。
でも!2001年のプレW杯となった大会では準優勝したんだし、
決して世界についていけないチームではないはず。次は頑張れ!ジーコNIPPON。

話は変わって、最近私はよく漫画の大人買いをします。
要するにコミックス全巻買いってやつ。気持いいっすね<`〜´>。
ビバ!大人!
まずは、不朽の名作「エースをねらえ!」
某局のドラマは私達の年代にしてみれば、不満爆発のキャスティングだらけでしたが、
昭和40年代のマンガが30年経ってもドラマにされる位名作なのは事実。
しっかし、どーしてひろみの父が高橋克実なんだよぉ〜。
あの渋いお父さんは決して「おやじギャグ」なんて言わないんだっつーの。

もう何十回と立ち読みして、毎回同じところで号泣するちーまるですが、
また今改めて読み直すと、奥が見えないくらいに深い深い。
北原白秋は出てくるは、般若心経は出てくるは、スポ根マンガというより
哲学書の域。山本鈴美香は尼さんか??
人生を考え直したい人は是非!

そしてごく最近買ったのは、「ハチミツとクローバー」(以下ハチクロ)
「エース・・」とは正反対の、バリバリ現代ラブストーリー(というよりこじゃれたギャグマンガ)で、
現在フジテレビ系列で深夜にアニメ放映中。

アニメになる位だから結構前から人気がある漫画なんだろうけど、番組スタートまで全く知りませんでした。
そして、即ハマリでございます。
ちなみにダンナも今も横のソファで読んでいます。
さっきでかけた本屋さんでは、ハチクロ掲載の最新号を二人で立ち読みし、
「んぐぐぐぐ・・・」と重低音で笑いこらえるあやしい二人組。

美大に集まる学生達の学園ラブストーリーではありますが、シリアスかと思えば
笑いをこらえきれない位のギャグテイストのギャップが、マイナスイオン大放出の癒し効果なんですね。
ギャグ部分に関してはコミックスの方がより笑えるけど、アニメも、珍しく原作にかなり忠実で、
原作シンドロームにかかる心配もありません。

登場人物達と同世代の学生よりも、OLに受けているのは、セリフの隙間にある泣かせる心情描写の文章と、メイン人物中唯一の大人・花本先生が語る「大人になっても終わらない青春時代の面白さ」にあるんじゃないでしょうか。
アニメの音楽も、YUKIにスガシカオにスネオヘアーて、サントラ出したら何のオムニバスよってなもんで、選曲といいオンエア時間帯といい、もろOL狙いの珍しいアニメです。意味もなく笑い、不意に泣きたい人は是非!

ちなみに、ダンナもとある作品にはまってます。それはささじのブログで。

今、ちーまる家はアニメが熱い!一体何歳チームよ?


ハチミツとクローバー vol.0―Official fan book
| おすすめ書籍 | 23:38 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト 
| - | 23:38 | - | -
コメント
いやいや、アニメはちょいとうといんですが、 アニメで青春カムバックできれば、 細胞も若返るってもんですな。 「エースをねらえ!」もよかですが、 「巨人の星」とか「あしたのジョー」 「ドカベン」あたりのスポ根系が好きでしたねー。 ううぅ、時代を感じるわー(^^ゞ 最近はゲームにははまってないんですかー?
| makilolo | 2005/06/18 10:07 PM |
ふふふ、まさに時代でございますな。 でもmakiloloさんは、波乗りで細胞若返りまくって、どんどん 若くなってきてるんじゃないですか? ドラクエ式聞澆蓮⊃靴燭淵押璽爐呂笋辰討覆い辰垢佑─ てか、2月の引越しのせいで、まだ裏も攻略できてないし・・。 たまーに、サカつく2004をやるくらいかしらん? ゲーマーmakilolo家はどったの?
| ちーまる | 2005/06/18 11:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chi-maru.jugem.jp/trackback/125
トラックバック
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile