<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< お口に合いましたでしょうか? | main | 復活!!! >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
楠田敏之 1st Album 『BLUE』 
楠田敏之
">『BLUE〜雲のように』/楠田敏之
2005.8.24 on sale!



えー、いきなりすみません。
実は高校の部活の1つ後輩が、アルバムをリリースいたしましてね。
ちょっと宣伝させていただきました。

彼は本職は声優?といっていいのかな。
アニメ『テニスの王子様』で宍戸亮という、主人公のライバル校テニス部員というなんとも微妙な役どころではありますが、そこは熱狂的ファンがついているという『テニプリ』でありますから、敵役だろうがなんだろうが、その筋ではかなり有名になったと聞いております。

(あぁ〜、また何千人といる楠田ファンを敵に回したか!私?)

6月には公式ファンクラブも立ち上がり、ラジオレギュラー番組も増えて、また10月からのアニメ出演や超人気ゲームソフト「鬼武者」の主役ボイスも決まるなど、順風満帆な楠田君。
その上舞台役者に歌手にと、活動範囲は広がるばかりです。

そんな多忙芸能人の今月唯一のオフ日を捕まえて、先週品川で飲んだんです。
もちろん、まだまだ道行く人が振り向くほどの有名人ではありませんから、どんなに騒いだところで見つかるはずもなく(もともと声優だし、顔知られてないし)、私も仲間も「昔の○ちゃん」(※彼の本名)として殴るわ、蹴るわ(うそですよ!)、限定ライブCDをさんざん値切って買うわ、『BLUE』のサンプル版をねだるわ、「で、結局アニメのギャラってどーよ?」と尋問するわ、とってもとっても楽しく過ごしました。
またカラオケでもさんざん歌わせ、先輩権限によるプライベートライブを堪能しご機嫌な私達。

(あぁ〜、将来何万人になるだろう楠田ファンに呪われるか!私?)

でも、ふと思ったわけですよ。
北海道の星「大泉洋」がMステ出演した時や、「救命病棟24時」に出演した時の道民の思い、もっと身近な友達の思いが、今ならすっごくリアルにわかる。
規模はぜんぜん違うけど、楠田君のライブに行けば、その場にいてもこっぱずかしくて顔も上げられない。雑誌のグラビアページを見つけると、妙に挙動不審になったり(しかも声優雑誌だから買うのはためらうし)それでも、ページに隠れて小さくガッツポーズで「がんばれ!」と唱える。

このCDも飲み会でサンプルを見せてもらったけど、ジャケ写を見ると、旧岩崎邸というクラシカルなロケ場所で、すまし顔の楠田っち。
ファンなら『きゃー!この憂い顔がたまらなぁ〜い!!!』とくねくね悩殺されるところだが、私達にしてみれば『寝起き??二日酔い?』みたいな。(実際徹夜明けだったらしい)
1回往復ビンタ食らわせるとしゃきっとするだろうみたいな。
まぁ、もちろんそれも照れ隠しであって、本当は『本物の顔になってきたんじゃない』と誇らしくもあったりする。

彼がどこまで化けてくれるのか、「静岡の大泉洋」となれるのか!
私が持っている彼の恥ずかしビデオがいつの日か『お宝』になるのを夢見て、みんなで応援してます!がんばれ!楠田敏之!

この日の飲み会メンバーでいつかプロジェクト作ろうっか!
ゲームプロデューサー、Webデザイナー、県職員(公園管理だからロケ地許可はばっちり!)何かできそうじゃない??

P.S ここを見ている某放送局員の方々、機会があったら彼をよろしく^_^;
| 音楽 | 16:25 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト 
| - | 16:25 | - | -
コメント
ちーまるさん、うちらの母校の先輩には“高野寛さん”なんて方がいらっしゃいましたね〜。 いや、つい思い出したものですから・・・。
| ユミ | 2005/08/26 11:53 AM |
いるいる。高野寛大先輩。 この方もウチの部活の先輩だから、部室行くと写真があるよ。 今の若い人は、この人知らないよなぁ・・・。 意外にスポーツ関係者&芸能人が地味に多いよね。ウチらの高校。 -----
| ちーまる | 2005/08/29 12:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chi-maru.jugem.jp/trackback/100
トラックバック
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile