<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
謎のピアニスト・リヒテル 
昨夜深夜にNHK BS2で『リヒテル・謎のピアニスト』という2時間半のドキュメンタリー(フランス製作)が放送されました。

ロシアの名ピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテル氏(1914〜1997)は、20世紀最後の「巨匠」ピアニストと呼ばれ、クラシック音楽界、特にピアノの世界に携わっている人にとっては、彼を知らない人なぞいるはずがない位ものすごい人・・・・なのですが、私は今まで彼の演奏や名盤といわれるCDさえ聴いたことがありませんでした。

なんせピアノは習っていたけれど練習嫌い、小さなコンクールの日程が地元の盆踊り大会の一日と重なったことがあまりにショックで、見かねた祖母が「賞のレベルによって小遣いを支給する!」という条件を出し、それだけを支えに弾いていた不真面目な普通の子供でしたから、正直うまい人の演奏を聞くなどといった方向へは頭が回るはずがない。
・・・あ、ちなみにその時祖母から貰った小遣いは、盆踊り大会でのみ使えるお楽しみ券の現物支給で、大人のずる賢さに気づいた小4の夏(笑)。

それはともかく、なぜかこの「リヒテル」という名前だけは小さい頃からすごい頻度で聞かされて育った私。実はピアノ調律師だった伯父が、ヨーロッパの音楽祭でリヒテル氏と出会い、彼のピアノ調律をまかされていた時代があったのです。
伯父の家に遊びにいくと、いつも彼とのエピソードや武勇伝や、ヨーロッパツアーの話をしてくれて、私はその話を聞くのがとても好きだった。カメラやテレビ取材が大嫌いだというリヒテルのプライベート写真があり、「この写真は貴重なんだよ」と話してくれたり。

そして私も大人になり、リヒテルと伯父とのエピソードが「プロジェクトX」になり、本になり、ようやく「あぁぁ、一度でいいから彼の演奏を聴きたかった」と思うようになりました。(遅い!遅すぎる!笑)

で、昨日のドキュメンタリー!
初めて動くリヒテル・弾くリヒテル・語るリヒテルと出会いました。
殆ど取材に応じないはずのリヒテル氏が死の2年前、自身の生涯を語りつくしたという2時間半の記録。えー?どこが取材嫌いですのん?と不思議に思うくらいしゃべるわしゃべるわ。しかも若い頃の写真や演奏もがんがん出てますけど・・??
しかも映画にも出演したことがあるって!どんだけ〜?
映像の時代が1950〜70代が中心だけに音はモノラルでしたが、その演奏たるや圧巻の一言で、あらためて偉大さを知りました。

でも、番組後半のわずか1分でしたが、画面の中に伯父を発見。偉大さの反面、伯父を通して私の歴史とも薄ーく細ーく重なった時代があったのだという親しみが湧いた素敵なひと時でした。
| 音楽 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0)
ジャン!パァーン!!! 
2007 賀正

皆様、明けましておめでとうございます。
そして、ブログしばらく空けましてすみません(-_-;)

久しぶりにゆっくりパソコンの前に座ったような気がします。
ま、それもこの室温の低さからいって、カラータイマーが点滅するのは、かなり早めな気もしますが。

昨日大晦日は相変わらずのギリギリスケジュール。紅白が始まってもまだまだおせち作りは終わらず、テレビから流れてくる曲は、悲しいかな口ずさめたのは鳥羽一郎(笑)、堀内孝雄(爆)、美川憲一(哀)・・・・。さ、寒っ!
いやいや、ちゃんとスガシカオとかね、Aqua Timesとかノッてましたよ。
でも、幼少時の演歌のすりこみってすさまじいものだなぁとしみじみ。もちろん、自分の年齢にもしみじみ

我が家のおせちおせちは何故か昨年と同様、平原綾香の歌と共にオール終了〜!
もう来年からは楽しようかなぁ・・・・。
帰宅したまるまさんと年越しそばを食べながら、おせちのフライング味見。
『最近はテレビも面白くないし、年末年始を感じるのはこの料理を食べる時位になってきたなぁ・・』と一言。

ギクーーんっっ や、辞められない。
そうねぇ、とりあえず10周年までは継続しましょうか。

そんなこんなで、年越しまであと30分。毎年恒例のサザンの年越しライブがないので、今年は東急ジルベスターコンサート鑑賞に。

・・・・いやぁ、見てよかった!!!!こんなに鳥肌たったカウントダウンは初めてだ!

毎年、渋谷オーチャードホールで行われるクラシックコンサートですが、テレビ東京系で中継されるので、地元にいたころを見たことなく、関東に来てからもあまり関心はなかったのですが、今まで見てなかったことが悔やまれます。

新年数分前から曲を始め、年が明ける瞬間に曲を終わらせようという企画!!
いくら曲の長さが決まっていても、インテンポで演奏しても、なかなかジャストに終わるのは容易じゃありません。(演奏者ならわかりますよね!!!)

今回のカウントダウン曲はエルガーの「威風堂々第1番」。

およそ7分前からスタートし、2分前からCGの時計がカウントダウン。
曲を知っていても、秒針が動くごとに「早いんじゃないか?」「遅いんじゃないか?」ともう胸はドッキドキです。多分会場で聞いているより、テレビでこのCG見てる方が怖いと思う。

あと10秒!・・・・5秒!4,3,2,1・・

「ジャン!」「パーッン!!!!!!」
最後の小節が終わった瞬間、新年を告げるクラッカーが舞台両脇からと飛び出た!

もうもう、私もまるまさんもスタオベで「ブラボー!!!!」ですわ。
去年「のだめ」にハマったまるまさんは、完璧クラシックののりになってまいりました。

過去のコンサートでは若干早くなることがあるらしいですが、ジャストに出来る指揮者はすごい!!ちなみに今回は尾高忠明氏:本人は終わった瞬間放心状態でした(カワイイ^m^)

来年も絶対見ようっと。視聴可能地域にお住まいの方は、是非どうぞ。

というわけで、そろそろ寒さのカラータイマーが切れますので・・・今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ジュワッチ!!!
| 音楽 | 20:02 | comments(4) | trackbacks(0)
懐かしい人みーっけ! 
今日のYahoo!トピックスで、非常に懐かしい人名を見つけた。
「“リストラの星”馬場俊英 次は全国制覇へ」

・・・リストラの星ってのはあんまりだよなぁ。
96年メジャーからデビューしたものの、一旦インディーズ落ち(?)して、また去年同じレコード会社(○ォーラ○フね)に拾われたから「リストラの星」ってか。

やっぱ知らない人が多いんですかね?私がラジオ局勤めだから知ってただけですかね?10年前から結構いい歌唄ってたんですよ、彼。「星を待ってる」とか「Heartbeats Groove」とか好きだったなぁ。

元FM局ディレクターのまるま氏にインタビューしてみました。

−当時はどうしてリストラされたんでしょうか?

「新人にしちゃ、バックミュージシャンに金かけすぎましたね。松原正樹さんもそうですが、山下達郎のバックメンバーも何人か参加してますし。」


−じゃ、何でメジャー復帰できたんでしょうか?

「当時の担当が出世したんでしょう、きっと」

えーっ!そういうことっすか??

BOYS ON THE RUN 4 SONGS
それはさておき、「BOYS ON THE RUN 」という曲が大阪のFMで火がつき、コブクロも絶賛、自身のアルバムでカバーしたしたことで再浮上とは知りませんでした。
現在は映画「ピーナッツ」(ウッチャンが監督したやつ)の主題歌も歌っていて、5月には念願の初全国ツアーとは、もうもう出世したねー。
馬場くん、あんたはよくがんばった!!

さっきCD棚探したらありました、ありました。!デビューアルバム「もうすぐゴング」が。これ貴重かも。うふ。すでに市場では廃盤ですが、どこかの中古ソフト屋で見つけたら、是非聞いてみてほしい!

ちなみに何故こんなに馬場俊英を覚えているかといえば、私が勤めていたラジオ局では当時「フューチャーヒッツ」という月1曲のヘビーローテーション企画がありまして、それに馬場くんも選ばれてたんですね。

その名の通り“未来のヒット曲”を発掘する狙いであって、ミスチル・スピッツ・槇原敬之・古内東子などは、見事今も生き残ってますが、「あの人は今・・・」的な人も数々いました。

BIRTHDAY SUIT、高橋諭一、THIS TIME、Selfish、松倉佐織、米屋純、SMILE、L⇔R、佐藤聖子、大事MANブラザーズ・・・・

さっきから夫婦二人で思い出し合戦が今もなお続いています。
「あれもそーだろ、MY LITTLE LOVER」
「ミラクルシャドウの『朝日を見に行こうよ』は?SMAPがカバーしたやつ」
「あー、あとTO BE CONTINUED!!」
早くお風呂入りなさいよ、あーた。

おーっと、風呂場から叫び声が聞こえました。

「楠瀬誠志郎!」

おぉ、しぶいところをついてくる。さすが元ディレクター。
・・考えすぎてのぼせないようにね^_^;。
いやぁ、昔のこと思い出すと、脳内トレーニングになるなぁ。

<業務連絡>当時の現場スタッフ諸君、是非君も思い出して、誰がいたか教えてください。バカ夫婦が「フューチャーヒッツカラオケ大会」を開こうとしています!

<余談>馬場君と同世代といえば、いまやどうバカのご本尊「樋口了一」様。
前述・元ディレクターまるま氏は当時コメント録りしたことがあるらしいですよ。

『当時のことはもう顔も思い出せないくらい印象薄いけど、まさか今になってこんなに耳にすることになろうとはねぇ。』
| 音楽 | 22:40 | comments(2) | trackbacks(0)
楠田敏之 1st Album 『BLUE』 
楠田敏之
">『BLUE〜雲のように』/楠田敏之
2005.8.24 on sale!



えー、いきなりすみません。
実は高校の部活の1つ後輩が、アルバムをリリースいたしましてね。
ちょっと宣伝させていただきました。

彼は本職は声優?といっていいのかな。
アニメ『テニスの王子様』で宍戸亮という、主人公のライバル校テニス部員というなんとも微妙な役どころではありますが、そこは熱狂的ファンがついているという『テニプリ』でありますから、敵役だろうがなんだろうが、その筋ではかなり有名になったと聞いております。

(あぁ〜、また何千人といる楠田ファンを敵に回したか!私?)

6月には公式ファンクラブも立ち上がり、ラジオレギュラー番組も増えて、また10月からのアニメ出演や超人気ゲームソフト「鬼武者」の主役ボイスも決まるなど、順風満帆な楠田君。
その上舞台役者に歌手にと、活動範囲は広がるばかりです。

そんな多忙芸能人の今月唯一のオフ日を捕まえて、先週品川で飲んだんです。
もちろん、まだまだ道行く人が振り向くほどの有名人ではありませんから、どんなに騒いだところで見つかるはずもなく(もともと声優だし、顔知られてないし)、私も仲間も「昔の○ちゃん」(※彼の本名)として殴るわ、蹴るわ(うそですよ!)、限定ライブCDをさんざん値切って買うわ、『BLUE』のサンプル版をねだるわ、「で、結局アニメのギャラってどーよ?」と尋問するわ、とってもとっても楽しく過ごしました。
またカラオケでもさんざん歌わせ、先輩権限によるプライベートライブを堪能しご機嫌な私達。

(あぁ〜、将来何万人になるだろう楠田ファンに呪われるか!私?)

でも、ふと思ったわけですよ。
北海道の星「大泉洋」がMステ出演した時や、「救命病棟24時」に出演した時の道民の思い、もっと身近な友達の思いが、今ならすっごくリアルにわかる。
規模はぜんぜん違うけど、楠田君のライブに行けば、その場にいてもこっぱずかしくて顔も上げられない。雑誌のグラビアページを見つけると、妙に挙動不審になったり(しかも声優雑誌だから買うのはためらうし)それでも、ページに隠れて小さくガッツポーズで「がんばれ!」と唱える。

このCDも飲み会でサンプルを見せてもらったけど、ジャケ写を見ると、旧岩崎邸というクラシカルなロケ場所で、すまし顔の楠田っち。
ファンなら『きゃー!この憂い顔がたまらなぁ〜い!!!』とくねくね悩殺されるところだが、私達にしてみれば『寝起き??二日酔い?』みたいな。(実際徹夜明けだったらしい)
1回往復ビンタ食らわせるとしゃきっとするだろうみたいな。
まぁ、もちろんそれも照れ隠しであって、本当は『本物の顔になってきたんじゃない』と誇らしくもあったりする。

彼がどこまで化けてくれるのか、「静岡の大泉洋」となれるのか!
私が持っている彼の恥ずかしビデオがいつの日か『お宝』になるのを夢見て、みんなで応援してます!がんばれ!楠田敏之!

この日の飲み会メンバーでいつかプロジェクト作ろうっか!
ゲームプロデューサー、Webデザイナー、県職員(公園管理だからロケ地許可はばっちり!)何かできそうじゃない??

P.S ここを見ている某放送局員の方々、機会があったら彼をよろしく^_^;
| 音楽 | 16:25 | comments(2) | trackbacks(0)
吹奏楽熱ふたたび 
最近、所ジョージさんの某テレビ番組で、にわかにブームとなっている吹奏楽。
何を隠そう、私も中学〜大学までの10年間、どっぷりとブラスっ子でありました。バンドピープルを片手に「吹奏族」に参加したブラスバカの時代も^_^;。
だから、コンクールを目指すドキュメンタリーはリアルすぎて、生徒の気持ちがわかりすぎて、あまり正視できないのがホントのところ。でもついつい見てはすすり泣いているのであります。

そんな私ですが、いまさらながら最近はじめて吹奏楽のCDを買いました。

ブラスの祭典(3)
佐渡裕&シエナ・ウィンド・オーケストラ

収録曲はどれもこれも吹奏楽ファンならクラクラするような定番曲揃い。
フェバリに、ディスコキッドに、風紋に、ホルストの1組だぞ!
ノビリッシマなどという古風な曲まで入ってる!アンビリーバボー!
しかもそれが佐渡裕&シエナウィンドとくれば、買わずにはいられない。
自分が吹いた曲、吹きたかった曲、吹くにはあまりにも難しすぎた曲・・。
聴いていると一瞬にして時間が○十年ガッツ石松。。もとい、バックします。

シエナ・ウィンド・オーケストラといえば、定期公演のアンコールでは、楽器を持っている観客も舞台にあげて、一緒に「星条旗よ永遠なれ」を大合奏するという粋なはからいがある。
今度チケットが取れるならば、是非是非楽器を持っていって、あの「世界の佐渡」の指揮で吹いてみたい〜。

そんなことを思って過去を懐かしむのは、今が熱い夏、「コンクールの夏」だからかな。
もう母校も離れて久しいので、あまり結果を気にしてはいなかったけど、
今日朗報が聞こえてきた。

母校ではなく、私の実兄、ちーまる兄が顧問をしている中学が、県大会で県代表(地区大会出場)となり、しかも最優秀とのこと!
すげー!今までは生徒側の気分で一喜一憂していたけど、顧問側の喜びってものも、感慨深いものがあるね。中学校ならまだまだ個人の実力というより、先生の指導力が大きく影響するだけに、きっといろんな責任もプレッシャーもあっただろうに、心から拍手!!!

某大型掲示板の「吹奏楽」板をのぞいてみたら、知ったかぶりの「ねらー」どもの下馬評にはひとっつも上がってない学校だったので、痛快!!!
どーだっ!思い知ったか!まぐれじゃないぞぉって感じ。うっしっし。
ここまで来たら奇跡の全国大会か?と思いきや、B編成だった・・・。残念。
せめて、地区大会で金賞・朝日賞を目指してがんばれ〜!
| 音楽 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0)
平井堅 10th Anniversary Tour in さいたま 
昨日7月16日 さいたまスーパーアリーナで平井堅のライブに参戦!
生堅さまは初めてなので、超楽しかった一日でした。
取り急ぎ記憶が新しいうちに、ライブレポートでもと。

ナビゲーターは、もちろん堅追っかけ歴○年、堅マイスターのマリコさん。
TEAM-NACS広島公演では手厚い接待をしてくれたので、私も負けじと、
5時起きでのぞみ始発に乗り、広島から東京入りしたマリコさんを、
そのまま六本木ヒルズに拉致し、ちょっとお高めのパスタランチで虐待。いや接待。
せっかくだからライブ前に東京観光よねぇ。
いやぁ、いいことした?悪いことした?私・・・。
これからライブなのに疲れさせて大丈夫か?ってか、私が疲れてどーする?

19:00開演のライブなので、軽食を取るタイミングを思案。
ヒルズ内の名物カフェ「TOFU CAFE」で取ってから向かおうと思ったら、
軽く10分待ち位の行列。あきらめて早めにさいたまへ。
でも「さいたま新都心」駅におりたら、飲食店という飲食店に超長蛇の列。
1万8千人の観客がみーんな同じこと考えてたってか!

「早めに会場近くに行って軽く食事」

もう、絶対にライブ会場近くで食事するのはやめようと固く心に決めました。

さて、前置きはともかく、ライブの模様を。
続きを読む >>
| 音楽 | 22:33 | comments(2) | trackbacks(0)
iPod効果 
私の勤務地は最寄り駅から徒歩20分。はっきりいって遠いっす!
ショッピングセンターまでの無料巡回バスも出てるけど、GWなせいもあり、長蛇の列ですぐ乗れないので、結局歩きだ。

ここで絶大な効果を表すiPodちゃん。
軽快なJ-POPでも聞きながら歩くと、あら不思議、12分で着くんです。
ごっつ競歩チックになってる??

手で膝をドラム代わりに叩き、青空を見上げながら歩く。
自分ではなーんも意識してなくても、第三者から見たら、「おいおい、PV撮影かよっ」ってな位、リズム取って口パクパクして歩いてるんじゃないかな。

ちなみに今日は到着時にSMAPの「友だちへ〜Say What you will」がかかってたが、気がつくと、右手の親指と人差し指が立ってたよぉ・・(-_-;)
(振り付けをスマスマで見てくれればわかります・・・)

今まで「iPod聴きながらジョギングする」って使い方はどーよ??と疑問形だったけど、今ではすっごくよくわかるね。
私も意味もなく皇居一周したくなったもの(笑)。
きっと気がついたらとんでもない距離走ってそう。

苦しいトレーニングやる人には是非是非オススメです。


| 音楽 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0)
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile