<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
TEAM NACS 「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム」観劇(感激)レポート 
下荒井s パンフレット2月25日(水)14:00開演
東京・池袋サンシャイン劇場にて

出演:TEAM NACS
(森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真)
作・演出:大泉洋

<あらすじ>
両親亡き後親代わりを努めてきた長男・大造(森崎)、お金に困っている三男・豪助(安田)、ひきこもりで盗聴マニアの四男・健二(大泉)、大手楽器メーカー令嬢と婚約中の五男・修一(戸次)、そして20年間音信不通だった次男・大洋(音尾)が父親の法事・10年祭に集結。
いたって普通の生活をしていた彼らに、いきなりとんでもない出来事が・・・。



ちまたではね、この公演を見る(あるいは演じる)ことを「下荒う(しもあらう)」というんですよ。

<用例> 「毎日せっせとシモアラッテます。」

決して「下洗う」んじゃないですよ。まぁ、そう聞こえても仕方のないことですがね。

で、ワタクシ。 「しもあらってまいりました」

全国6都市を回る2年ぶりの本公演は、53000人のチケットが即日完売(厳密にはファンクラブ先行〜一般発売まで数回にわたる)で、某オークションでは十数倍ものプレミアがつくという至極入手困難な公演でございます。

全国何万人と涙をのんだ方々へのせめてもの償いといたしまして、また、GWまで続くこのツアーを見る予定でも、始まっちゃったから待ちきれない!という方々へ少しでも雰囲気を分かち合うために、レポートを書いてみようと思います。

書かないとわすれっちゃうからさ。

(注!)ここから演出上のネタバレが含まれます。一応伏字にしてありますので、そのままスクロールしても大丈夫ですが、興味のある方、自己責任で「ネタバレ!」という箇所をドラッグして読んでください。(※携帯からは丸見えです)

隣に座った3人組が開演前から何やら騒がしい。一階後方ど真ん中の特等席にもかかわらず「私より前でナックスを見ている人がいる〜」と悔しがる熱狂的ファンに、むりやり(?)連れられてきたっぽい妖怪人間ベラ似の初心者一名。
ベラは、パンフを見ながら「モリザキさんはあれね。押尾学にちょっとだけ似てるわね。ちょっとだけよ。ヤスタさんは、三上博史だな。ト、トツギさん?って読むの?いい男じゃなぁい。あとは・・・・ふふん。」

「モリサキ」だし。「ヤスダ」だし。トツギさんタイプですか。残りは以下略ですか。そーですか。

とにかく椅子が狭いだの、開演まで眠いだの、早く始まってくれなきゃこの後の予定もあんのよだの。
「じゃー、帰れーーー!」
開演後もその調子でしゃべり倒したら、生きて帰れると思うなよ。

あ!前方に「アフタースクール」(大泉主演の映画)の内田けんじ監督発見!

そんなこんなで、ようやく開演時刻に。

客電が消え、BGMが鳴り、「おぅ!いよいよだな!」と胸高鳴り、緞帳があく!
その瞬間、まずすごい爆弾爆弾が投下されます。心臓の弱い方はご注意を。
「これでつかみはOK!」・・・ってあんなもん、つかんでいいんですかね(笑)。いやいや、つかめる方じゃない。(意味がわかる人にはすごいコト書いてますけど・・・)
マル秘ネタバレ!:安田氏の丸出し

今回はですね、「ホームドラマ」です。
時空を超えて時代劇となるわけでもなく、荘厳なクラシック音楽と共に天才作曲家が出てくるわけでもなく、70年間に渡る村の歴史でもない。聞くだけで涙が出てくるようなBGMもなし、光り輝くレーザービームもなし。
どこにでもある、普通の兄弟のお話。そりゃ演劇ですから、多少の起承転結はありますが、自分があの舞台にいてもおかしくない、誰もがそんな親近感が沸く舞台です。見た後優しい気持ちになれるというか。

個人的な感想は「8時だよ!全員集合」か「カックラキン大放送」を生で見るってこんな感じかなぁと。
セットは自宅の居間、一場面のみ。もちろんセットが回って裏から秀樹が歌い出したりはしません(笑)
マル秘ネタバレ!:「だって、2階から音尾さんが降ってくるんだよっ!」

3分に一度は爆笑ポイントがやってきます。どっかんどっかんです。
あまりに詰め込みすぎて、笑いがひく前に次のセリフがかぶってしまう箇所が多々あり、その点は「吉本新喜劇に学べよ!」て突っ込んどきましょうか。めだか師匠などどうでしょう?

心配された「内輪ウケ」のネタはさほどありませんが、NACS初心者の方がこれから行かれる場合は、次の点を踏まえて鑑賞すれば、笑いのタイミングを逃すことはないでしょう。

便箋 森崎:顔デカ・ちょいハゲ・歌音痴
便箋 安田:泣かせる天才・でも変態
便箋 戸次:ガンダムオタクでおっぱい好き
便箋 大泉:物真似だけがとりえです。
便箋 音尾:離れ目・ちょいハゲ・最年少

この辺りは北海道のバラエティ番組を見ていないと若干わかりにくいので、「今なんでみんな笑ってる?」的な乗り遅れ感が生じるかもしれません。予習が肝心です。

マル秘ネタバレ!:盗聴テープの有名人特集が日替わりになる予感。今回は渡辺篤史の「小林製薬の糸ようじ」でした。他のネタを見た人は報告ください。」

ちょっとだけ(ホントに一瞬だけ)サスペンスもあり。
マル秘ネタバレ!:安田さんが撃たれた時に客席から悲鳴が!」

それでも!それでも最後には「号泣・°・(ノД`)・°・」なんです。
この家族以上に家族らしい5人だからこそ生まれる雰囲気作りと、演技派2名の勝利でしょうな。
マル秘ネタバレ!:森崎さんの『親父の代わりに言う・・・・お帰り。』からは涙が止まりません。」


あっという間の2時間。家族ネタは誰しも共感できるだけに、賛否もいろいろあるでしょうけど、私は笑って泣いて大満足の2時間でした。また見たい!何度でも見たい!
私は幸運にも4月にまた名古屋公演を見に行けることになりましたが、その頃には少し芝居も変わってきているかもしれません。そしたらまたここでレポートしますね。

P.S 隣のベラが終演後、「私、トツギさんに決めたわ。」 な、何をですかっ?


<オマケ> NACS有段者にだけわかる感想文。
NACS歴2年以上でないと意味がわからないかもしれません。
続きを読む >>
| TEAM NACS | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0)
夢か幻か?北海道〜その2(帰った日) 
夢か幻か?北海道その1(行った日)より続く

この日は朝からそりゃーまぁ、からっからに晴れてましてねおてんき。昨夜寒くて、慌ててユニクロで買ったパーカーもしっかり荷物にしまい、地下鉄で一路イベント会場へ。
真駒内へ向かう地下鉄南北線は、「水曜どうでしょう」他TEAM NACSが数多くレギュラー出演しているHTB北海道テレビがある南平岸駅を通ります。
そして、進行方向向かって右に座りますと、向かいの窓越しにHTBのマスコット「Onちゃん」が見えます。
したがって、乗ってる位置とリアクションで"どうバカ"か"CUEバカ"か、それとも単なる道民かが大体見分けられます。普通の道民は南平岸に近づくと携帯のカメラセットしないしね(笑)。
じゃあ、我々はといえば、南北線乗車はすでに4回目。余裕でにやり・・・とするくらいでしょうか。
かなり嫌味な部類です。

さて、地下鉄からバスで乗り継ぎ真駒内スーパーアリーナへ到着。3年前のどうでしょう祭会場でもあるので、これまた余裕でにやり。周りもまた「懐かしい」を連発。そういう人たちの集まりですから。

グッズ販売10分前から行列に並び、午前10時ようやくゲートをくぐりました。
「CUE DREAM JAMBOREE2008」

一人はNHK朝の連ドラで鰹節売りにーちゃん役、もう一人は先日ドラマ「阿久悠物語」でピンクレディーのマネージャー役の俳優陣が何故かプロレスラーの格好のゲートでお出迎え。すでにイベントのバカさ加減がうかがえます。


そもそもこのイベントは北海道の芸能プロダクション「OFFICE CUE」に所属する全アーティストが集結して、歌や芝居や各種アトラクションでファンの皆様にお楽しみいただく・・・という趣向のものですが、内容が内容だけに、普段全国区のドラマや映画で地道に積み上げてきたタレントイメージを一瞬にしてがらっがらと壊してしまう、ついでに参加するファンの理性をも破壊する恐ろしいイベントなんでございまして、それに喜んで参加する我々にいたってはもう「ドM」としかいいようがありません。


頭のつむじに「ちりっ」と根性焼きされたような気がした位、朝から厳しい太陽が。
荷物の中から長袖パーカーを取り出し、フードもかぶる始末。気分は減量中の力石徹です。15分並んでおっさん達の仮装グラビアが載るパンフレットと、ダジャレ好きな代表取締役が考案した「たまんねーぎ煎餅」と、ジャニーズをそこはかとなくパクっ・・・似ている携帯ストラップと、"汗を拭くためだぃ!"と自分に言い聞かせてたマフラータオルを買い、満足満足。

そうして、ペットボトル2本のお茶と、昼食を食べそびれ体力を7割消耗した頃、そのイベントは静かに始まりました。

ここからはネタバレになりますので、9月のスカパー放送を待ちたい人はさようなら。
すでに長いよ。バーカ。という人もここでさようなら。
どうでもいい人は続きをどうぞ。
続きを読む >>
| TEAM NACS | 20:29 | comments(2) | trackbacks(0)
夢か幻か?北海道・・・その1(行った日) 
北京オリンピックも開催一週間。連日熱戦が・・・・、っておい!!
ということは私が北海道に行ってからもう一週間かよっ!!!
ありえない。ありえない。・・・ってゆーか、私は本当に海を越えたんだろうか?
そんな気すらする幻の一泊二日でした。

私が北海道へ行く。
そう人に言うと、答えは付き合いの長さ(深さ)で二極化する。

「いいですね、北海道。おいしいもの食べてくるんですか?」
「またですか、北海道。あなたも相当好きですね。」

えーえー、好きですとも。往復飛行機代夫婦で10万出してでも、ひとっつも観光せずに帰らなくてはいけなくとも、「CUE DREAM JAMBOREE2008」に参加したい位ね。

行った日(一日目)
第一次帰省ピークの週末だけに羽田空港は大混雑。それを見越してフライトの2時間前に着き、「余裕で食事して余裕でお茶してもまだ余る」ハズだった時間も、気がつけば食事して、ちょっとだけ買い物しただけで、手荷物検査場を通過したらフライト15分前。なんでこんなにジャストフィット??

どーせ機内でドリンクサービスがあるからと何も買わずに乗り込むと、そこに待っていたのは小さい小さい「これってセスナ?」的な小型機。もちろん機内サービスはなし。
まぁまぁまぁ・・・、千歳までほんの一時間ちょっと。さっき食事の時お茶も飲んだしねー。

北海道上空に差し掛かり、そろそろ着陸態勢に・・・・という時に、機内アナウンス。
「本日、自衛隊の航空訓練により、上空待機を命ぜられました。このまま1時間ほど旋回いたします。」
い、一時間ですかっ?はー、のど渇いたってぇ。
「フライト前にわかってたはずだ!」当然乗務員に怒り出すお客様も出てくる。
そーだそーだぁ。だったらお茶買ったぞぉ!
頭の中ではヤマタツの「RIDE ON TIME」が勝手に鳴り響き、コックピットからキムタクが出てきて「僕たちを信じてください!」つって出てきそうな雰囲気。
私達の今日の行程は時間に追われているわけではなかったけど、「余裕でホテルに着き余裕で夕食を検討してもまだ余る」ハズだった時間が、ここでも何故か結果的にジャストフィット。

まぁ、そんなこんなでも無事にホテル到着。
歓楽街ど真ん中で、どこにでも行ける、夕食だって選び放題の立地にあるホテルは、この時期どこもいっぱいだったけど、「余裕をもって」5月に予約したから泊まれたのだった。
「で、夕食どこにしようっか?」部屋においてあったグルメマップを見ながら、ジンギスカンならここ、かに料理ならここ、ラーメンならここ・・・・と数十種類のお店から検討する。

・・・協議の結果、街からだいぶ外れた地下鉄で3つほど行く、郊外のビール園。
えー、この好立地はぁ、あまり意味がありません。余裕を持って取りましたけど何か?

いやいやいやいや、いーんです!ジンギスカンおいしかったから!本当においしかったから!食べてる最中に子羊がかわいそうになる位、ここまでみんなで食べたら大虐殺でしょう?的に思いっきり食べましたから。

そのビール園の横には私が勤めていたパソコン教室の札幌校があったので、隠れて見にいけたことが意外な収穫でしょうか?


そんなこんなで、「余裕を持って行動することは大事」だと感じた一日目は過ぎていきました。

次回は、「帰る日(2日目)」でお会いしましょう〜。
| TEAM NACS | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
旅に出ます 
探さないで・・・・といったって、行き先はひとつ。

ジンギスカン食べてきます。

生NACSさんに会ってきます。

生キャラメル買ってきまます。

行ってきまーす!!!


・・・一泊だけど。

| TEAM NACS | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0)
歌の翼にキミを乗せ 
歌の翼〜パンフレット舞台「歌の翼にキミを乗せ
         〜ロクサーヌに捧げるハイネの詩」

7月18日ソワレ 新国立劇場・小劇場にて観劇。
キャスト・ストーリーはこちらから。

小劇場の上にあるオペラホールでは熊川哲也でおなじみ、Kカンパニーの「ドンキホーテ」が上演されており、開演前の新国立前はなんともいえない異文化コミュニケーション?が入り乱れておりました。
まぁ・・・新宿コマ劇場の小林幸子公演と、シアターアプルのキャラメルボックス公演とのかち合いと似たようなもんでしょうかね?(似てないって!!)

隣には東京オペラシティもあり、このあたり一体は「クラシックですけど、何か?!!!」的雰囲気ぷんぷんですが、小劇場はまさに「芝居小屋」。芝居以外にも様々なパフォーマンスで使えそうなハコです。ロビーに関係者からのお花群が何も置かれてないのも、なんかシンプルベストな感じだし。

さて、私の席は2階左壁のバルコニー。おぉ、舞台が斜め下だ!ち、近い!
角度がきつくて、舞台左端は覗き込まないと殆ど見えないけど、そんなに長いこと舞台端で演技しないだろうし、もうベストポジションとばかり期待はMAX!

して、いよいよ開演!おぉ、やっぱり近い!
出た!ヤスケン!こっち見てる!目が合ったラブ・・・んなことはいまさら言いませんが(思ってましたが)、例のキ○シーンは、舞台上のヤグラの上なので、ほぼ同目線。
なぜか私からは安田さんがありさちゃんの首に噛み付いてるようにしか見えなかったんですけどー!吸血鬼なら吸血鬼の方がかっこいいかも?
何しろナニしている間、下では西村さんが詩を朗読しているので長い長い!
40秒位あったかなぁ。どこかから「長いよ」というつぶやきが。
わかる!わかるが、それは心にしまっとけよ。私みたいに。

後半で西村&安田コンビが舞台左端にずっと座り込むシーンが。いいシーンだけに、二人の表情が見たいのに、私の席からは手すりが邪魔。前かがみになるのもマナー違反なんで、仕方なく少しずつ腰を前にずらし、じりじりと沈み込む私。つ、つらい撃沈
その後、何度か沈み込みを余儀なくされましたとさ。
主役級なんだから、中央で演じてくださいよ・・・。

まぁ、中身はえらそうに語ることもできないので、メインキャストの感想だけね。

観月ありささん!初舞台だからね!・・・が、がんばったぞ。
どっかから「あーさーくーらーぁ」が出てくるんじゃないかと思ってみたり。
でも彼女の小顔ったらないね!うらやましい。

安田国王!やっぱり2枚目にはさせてもらえない運命なんでしょうかね?
もうちょっと、もうちょっとくらいさぁ、渋いラブシーンや甘いセリフがあってもいいんじゃない?杉田さんのいぢわる・・・悲しい
や、思ったよりいい役なのに、何も「早飲み」やらせなくたってさぁ。(リバースしなくてよかったよ冷や汗

西村雅彦さま!ブラボー!・・・いいなぁ、2のセンもやらせてもらって。
まぁ笑いも涙もできる幅広い実力があるからなんだね。
彼はやはり舞台俳優なんだなぁと思いました。

原作は名作ものだし、舞台は戦争ものだし、ある程度展開が読めるので、ものすごい驚きがあったわけではないけど、久しぶりに「THE 演劇!」という舞台を見た気がしました。
TEAM NACSは独特だからねぇ。
| TEAM NACS | 23:32 | comments(3) | trackbacks(0)
大いなる愛 
「ちーまるさん!ハケンですよ!ハケン!!!」
「何とかハケンに間に合うようにちーまるさんを帰さねば!」


そんな謎の怒号が飛び交う職場、午後8時半。

私は確か早番で、開店作業をしたはずなのに、遅番スタッフが閉店作業している横で、何故かまだまだパソコンの前で格闘中。

「こ、このままでは『ハケン』に間に合わないじゃないかー!」と叫びながら。

わかる人はわかると思いますが、「ハケン」とは、毎週水曜22:00から絶賛放送中の日テレ系ドラマ「ハケンの品格」のことであり、ご存知大泉洋のほか、何とTEAM NACSからもう一人!安田顕も共演するという、NACSファンには大河ドラマ並みにすごいドラマであります。

昨日1月31日はウチの教室の「新春入会キャンペーン」の最終日。駆け込み入会が相次ぎ、通常業務がどんどん滞る中、明日からの店内POPや差込チラシも今日中に全取替えしなきゃいけないという「今日限定」業務が山積みなのは承知してましたが、でもまさかドラマに間に合わないなどとは夢にも思わず、録画予約は勿論なし。
危機が刻一刻と迫ります。


PM 5:00〜6:30
教室前告知ポスター、デザイン一新命令発動。
「いつものじゃダメなんか・・・」独り言。
デザイン作成開始。7:30上がり、決意。

PM 7:00
隣接する家電量販店のスタンドにチラシ差し替えダッシュ!
到着後、本来チラシに貼るはずの「特別優待チケット」がないことに気づき、教室へダッシュ!上司、「え?今回は貼らなくていいっす。」。マジ殺意。再び、量販店へダッシュ!

PM 7:30
イトーヨーカドー内11箇所スタンドのチラシ差し替え。1F・2F・屋上、ノンストップダッシュ。昼食うどん一杯、激後悔。

PM 8:00
告知ポスター印刷開始。一枚に付き、A4サイズ・8枚。×3箇所分。
「きれい」モード印刷速度、恨む。コーヒー一気飲みで舌やけど。

PM 8:20
上司に「カルチャースクール横のコルクボードもってこい!」と命令。
すでにパシリ。鬼の形相に怯える男、一人。その間に、もう一人のスタッフと教室前ボードを張替え。姉的心情で協力してくれる女、一人。

PM 8:35
最後一箇所分の印刷、まだ終わらず。「まぁ、仕事なんだから」と諦めかけた時、上司がポツリ。
「先週は大泉さんのキスシーンで終わったんだから、続きがどうなるかってのは、今週のオープニング5分が“ミソ”なんだな。」
ううっ!何故それを知っている!激走、再決意。

PM 8:55
ポスター全掲示終了。オールスタッフ感謝!バス停へダッシュ!
バス到着まで15分。臨時バスだせ、ゴラァ!

PM 9:25
電車乗り換え。最寄り駅まで33分。世界記録並みに走ればギリギリ。

PM 9:55
自宅真横の線路を通過。「降ろせ!いっそのこと投げ捨ててくれ!」

PM 9:57
駅ホーム到着。階段一コとばしで息限界もノンストップ。
帰宅ルート、自宅横の有料駐車場フェンス越え決定。
駐車場通過中、セコム警備員巡回カーに一瞬冷や汗。素通りに感謝。
フェンス越えで足挫く。

PM 10:03
自宅到着。新聞も取らず、スリッパも履かず、リビング電気つける前に、テレビON。オープニング5分の「ミソ」とやらはいかに????



いまいち状況が飲み込めないシーンから最初のCMに入り、限界まであがった息を落ち着かせ、ソファに寄りかかった時、私は気づいてしまいました。そしてソファに沈み込みました。

「HDDレコーダーの録画が動いてる」

遅番のダンナ様が、どうやら気を利かせて予約してくれていたようです。
私のこの激走は一体・・・・・?。いやいや、そこに疑問をもってはいけない。「ミソ」を見れることに感謝をしなければ。
スリッパを履いて、電気をつけて、コートを脱いで、お茶を入れて、改めて追っかけ再生ボタンを押しました。

(結論)ミソは1分20秒。単なる先週のシーンのおさらいと、振り切って立ち去る篠原涼子。ボケる大泉洋。ショックを受けてる小泉孝太郎。
・・・・ミソじゃなーーーーい!(by日清ミソヌードル)

まぁ、でも今週の第4話はなんと視聴率20%。内容もどんどん面白くなってきたし、洋ちゃんはカッコよくなってきたし、顕ちゃんは顕ちゃんらしく使われるようになってきた!大満足であります。

このドラマを私に見せてくれたオールスタッフとだんな様・まるまの
「大いなる愛」に本当に感謝します。
来週もよろしく。
| TEAM NACS | 23:25 | comments(4) | trackbacks(0)
のどかなCUE日 
確か、先週だったでしょうか。勤務シフトを決めている上司に向かって、私は言いました。

『普段ウチの夫婦はあまり休みが合わず、誕生日だって一緒に過ごせない。でも23・24日でダンナが連休になってるから、是非とも夫婦みずいらずの時間をください!いや、くれ!』と。かなり強引でしたねぇ。おかげで上司の早番が通し番になりました。

これで、久しぶりにどこぞで一泊、ロマンチックジャーニーだとほくそ笑んだものの、冷静に考えるとあと1週間で宿の手配も計画も考えるだけで面倒くさい。でも、強引に休みを取った手前、どっか行かないとなぁ・・・。

すると、上司は冷ややかに言いました。

『23日はベスト電器でしょ?』

職場横のホームセンター内にね、地域最大級の家電量販店がオープンするんですわ。
行動がV.S.O.Pスペシャルワンパターンのバカ夫婦、完璧図星です。
当てられたままに行動するのも癪にさわる。第一さ、祝日だし絶対激混みだもの。やーめた。

というわけで、23日リリースのこのDVD鑑賞会とあいなりました。

ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)
本編尺が112分に対し、特典映像が約335分という何とも疲れる、いや見応えのある4枚組。「DVDは特典映像から見るべし!」が家訓のちーまる家は、当然のごとくDisk2から。
この映画は、フジテレビ初の劇場長編アニメということで、とにかく宣伝活動を4ヶ月も前から開始して、あらゆるメイキングやら特番やらやりたい放題だったんで、ある程度見た映像ばかりな所は否めないものの、そこは伊達に「3枚もの特典映像」というボリュームじゃない。それでもまだ見たことない映像、すっごく掘り下げた解説、そしてBOX限定『キ・キーマ主演サイドストーリー』(・・・これは、予想外に短いですが。笑)1日じゃ全然足りません。2枚見て、連休一日目は終了。

そして、連休二日目。
今日は平日、金曜日じゃーん。晴れたし。
・・・で、当然『ベスト電器』(結局そこかよ!笑)

道中のBGMは何気にこちら。
ベストコレクション〜あの頃の僕がいるなら/樋口了一
1/6の夢旅人2002のNewレコーディングver.も入ってて、ちょっとお得な気分。

ちなみにSCに着いてから某大手CDショップに行ったら、ちゃんと「水どうファンなら必携の一枚!」というPOP付で置いてありまして、「ここにもどうバカがいるのかなぁ?」と言ったらば、ウチの中小CDショップ店員・まるまさんがボソッと一言。

『コレくらいはもはやCDショップ店員の一般常識だ。』と。

樋口了一⇒1/6の夢旅人⇒水曜どうでしょう⇒千葉では結構売れる。
ファンじゃなくても、その位POPには書けなきゃダメなんだ。とそういうことらしい。

そこで、ひねくれた生粋のどうバカの私も言いましたね。

せめて『サイコロ3で大泉が歌った“Anniversary song”、風呂で樋口さんがギターを弾いた“GOGH”、うれしー大絶賛の“朝花”と、どうバカは涙を禁じえない曲を収録!』位書いてなきゃおかしいよね、と。

『それがバカとただの店員の差なんだ。』

そんな会話をしながら、ベスト電器へと向かった二人でありました。
いやな客ですねぇ。

帰りには、職場に寄って、忙しく働く上司に向かって、「給料ちょうだい!あるんでしょ?」と今月分の給料袋をもらって帰りました。(ひどすぎる)

夜はブレイブ特典残り1枚。絵コンテなど参考資料は除き、大体の特典映像は見た。いささか疲れた。主演の松たか子より大泉洋がよっぽどメインになってしまった感はありますが、ファンでなくても、結構『買い』だと思うよ、このbox。

え?本編ですか?まだ見てないって。

そんなこんなで、休日も給料もひったくる、傍若無人な部下ちーまるの、のどかなCUE三昧の日々でした。

| TEAM NACS | 01:28 | comments(4) | trackbacks(0)
東京タワーまでカウントダーウン! 
さ!皆様!
我等が大泉洋初のゴールデン主演
東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン」ようやく18日(土)放送です。
最近フジテレビでは、やけに緊迫感のあるCMが連発してますね!!

『放送までいよいよあと○日!』

単なる2時間ドラマで、カウントダウンCMが入る作品がいくつあろうか!
きっとこれが、フジテレビ、OFFICE CUE(AMUSE)、そして吉本興業(笑)の切なる祈りのCMなんです。

『頼む!頼むから、もう何も起きないで無事に放送させてやってくれ〜!』

・・・ま、地味に事件は起きてますけどね。某写真週刊誌の下世話ネタ。
4ヶ月前みたいな犯罪じみたことじゃなくて、元カノの暴露話なぞ、そのままスルーでしょうけども、こんな時期になぁ・・。絶対アンチファンか、ドラマを失敗させたい誰かのしわざなんぢゃ??

『頼む!頼むから・・無事に・・』  祈らずにはいられません。

その祈願っちゅーか、週末に向けてテンションを高めるためっちゅーか、洋ちゃんゆかりの地へとドライブしてきました(車で20分の近場だけどね)。

階段天井











玄関
写真を見てすぐにわかった人!
NACS度50ポイーント!
オリコン7位歌手(笑)、伝説のユニット・FANTANの『起きないあいつ』PV撮影地ですね。ちゃんと出かける前に、もう一度PVを引っ張り出し、画角や立ち位置チェックして万全の撮影でした。
ちーまる専属モデルさんが入った写真は、ここではなんなので裏ブログにでも上げときます(笑)。

さあ、NACSファン以外でも「東京タワー」を読んで涙したあなたは必見!!
今週末を座して待つべし。

『頼む!頼むから・・無事に・・』
| TEAM NACS | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0)
祈願!! 「東京タワー」放送 
一応書いとかんとね、ファンとしてさ。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
大泉洋ゴールデンドラマ初主演『東京タワー』が、放送10日前にして無期延期ですよ!!!あぁ、もう信じられへんわぁぁ。

何やっちゃってくれますのん!! 
某お笑い芸人・山○圭○!!!!!
欽ちゃんにも大迷惑かけたけど、フジテレビさんもかなり追い込まれましたよ!
映画ばりに完成披露試写会までやって、大々的に打ち上げようとしてたのに、残念でなりません。試写会を見たミスター曰く、号泣必至の名作だと大絶賛の作品だけに、違う意味でファンはすでに大号泣ですわ。
しかし、試写会見た人は日本で一握りの「ラッキーさん?」だったのねぇ。

脚本家・土田英生さんのブログ「土田頁」の記事にも、信じて待っているという力強いコメントがありましたし、一日も早く代役を立てて、放送が実現できる日を祈るしかないですね。

とりあえずは8/13放送の、イッセー尾形さんとの二人芝居でも見て、気長に待っていましょうね。
(NHK総合「イッセー尾形の「たった二人の人生ドラマ」3つの不思議な夜@博多屋台」)

信じるものは、救われる。 信じるものはすぐ会える・・。

ほんっとに何やっちゃってくれますのん!! 
某お笑い芸人・山○圭○!!!!!
おかげで、剛ぽんの名作映画「黄泉がえり」だって、もうテレビ放送は今後ないだろうさ!これで、DVDがまた売れるってことはないんだべか?

| TEAM NACS | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0)
BSに釘付け 
『ワールドカップ開幕にかんぱ〜っい!』

昨夜はHDDレコーダーの空きを整理し、今後一ヶ月の試合溜めを確保、景気づけでジンギスカンを食べに行き、お祭りムードでこの日を迎えました。
またまた期間限定でブログデザインもコレで。

始まりましたね!!W杯!

開幕式で宙吊りにされた女性達は苦しくなかったのか・・・、あの状態でトイレ行きたくなったらどーするんだろうか・・と余計なことを考えつつ、ドイツvsコスタリカの開幕戦をTV観戦。(前半で眠気に負けたけどぉ)
いいよねぇ、開催国の試合がトップバッターでしかもあんなゴールラッシュ!
ドイツ国民は夢のような一日だったことでしょう。
4年前はここがホスト国だったけど、開幕は韓国だったせいか、ここまでの興奮はなかったような気がして、ちょっとうらやましかったな。

うーん!早く日本戦が見たい!!今年の観戦場所は、最初2戦は残念ながら自宅ですが、3戦目の大勝負ブラジル戦では・・・・んーふっふっふ。
キックオフは28:00(何時だっつー話よ)だけど、バカ夫婦に時差は敵ではなーい。まるまさんの夜勤上がりで某所へ出発、女30代、久しぶりに「オール」させていただきます。家で声を殺してもだえるなんてとんでもない。
例え負けようが・・、あ、いえいえ、なんと言うかそのぉ・・、ま、頑張ってほしいものです。

さて、一晩明け、今日もうちはNHK BSが大活躍。
ワールドカップも大事ですが、そうそう!今日はNACSファン、いや子残念には大イベント。シゲ様ご出演の舞台「びっくり箱〜姉妹編」の放送日でありました。
ラテ欄の「沢口靖子・永島敏行・余貴美子 他」と書かれてたのを見て、軽く「残念!」と突っ込んどきましたよ。

いやぁ、感動した。
山川静夫さんの挨拶は、「カリー軒」からの花バックで。(そこかよ?)
思わずニヤけたのは、私だけではないはずですよね。

いやぁ、面白かった。
脚本の中島さんの失礼な楽屋レポート。(そこかよっ?)
「NACSの稲垣吾郎」的シゲさんは人一倍ヘアにはうるさいだろうに、思いっきりピンだらけのスタンバイ中に、オデコ丸出しでかわいい!
ま、実際舞台に出てきたヘアスタイルも左右にかっちりまとめて、似たようなもんでしたけど。しっかりとTEAM NACSの宣伝したシゲもえらい!

肝心な舞台は・・、登場人物は結婚の許しをもらいに里帰りした妹カップルに、実家で同棲中の姉カップル、家族の通夜・葬儀で忙しいお隣家族の7人、人生の喜びと悲しみをからめた日常的な出来事を書いただけなのに、飽きることなくすごくテンポがいい面白い話でした。

近所のおばちゃんが自分の家のこともよく知っていて、「アンタのお父さんはこんな人だったよ」って教えてくれる関係って今は殆どないし、いたらいたでうっとうしく思われるのもしれないけど、すごくうらやましかったかな。

シゲちゃん、いい役もらってよかったねぇって感じ。生で見たかった。
ヒーローショーでアルバイトしている青年役で、「トウ!」とか「ヤァ!」とかキックしたり、変身したりしてましたが、ホワイトストーンズが役に立ったのでしょうか?洋ちゃんのボーリングといい、ドラバラの経験が活きてるじゃないか?!

ハーモニカも猛練習のかいあって上手かった。
でも、「おやつのカール」のメロディをあんな情緒たっぷりに吹かれても・・(笑)。あの曲は全国公演通して同じ曲だったのか、それともご当地ソングになったのかな?そんな何曲も吹けないか・・。

ラストの沢口靖子さんに指輪を渡すシーンがお気に入りで、後で巻き戻してみてしまいました。後はやっぱ永島さんがシゲちゃんに「僕も宇宙とつながってる感じだよ!」ってとこですかね?アレはシゲちゃんだけじゃないところがいい!
(見た人しかわからなくてスミマセン・・)

いやぁ、「山川静夫の新・華麗なる招待席」ってとってもいい番組ですね!
是非是非、音尾君の「しあわせのつぼ」も安田さんの「獏のゆりかご」も放送してください!モリのは・・ちょっと無理かなぁ。

最後に一言。山川さん、アナタ老けましたね・・・。。



| TEAM NACS | 19:04 | comments(3) | trackbacks(0)
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile