<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
IKEAの歩き方〜その3・セルフサービスエリア 
マーケットホールを抜けると、そこは「え??私たちここ入っていいんですか?」といいたくなるような大倉庫。

いよいよ、ショールームでチェックした家具がおいてある「セルフサービスエリア」です。
IKEAの家具はほとんど組み立て式。部品がフラットにパッキングされて、棚に並べてあるので、そこから客が自分でカートに乗せていきます。



『どんだけ広いのよ!』

ショールームでメモした「棚番号&品番」を頼りに、お目当ての家具を「自分で」探します。こんな列が30列もありまする。
手の届かないところは、店員が昇降機で下ろしてくれます。(ビルの窓拭きみたいなやつで(笑)




『あった!これこれ。』

そうそう、こうやってねぇ、持ってくわけ。って率先してブログ写真用モデルを務めるまるまさん。ブログアイドル目指してるんですか?
それとも、現代洋子先生の「モバぞう」の位置狙いですか?(マニアしかわからんな)






『縮尺わかります?』

人間の身長と比べていただければ、この棚がいかに高いかがわかります。たぶん天井までは10m弱あるんじゃないかな?


こうして、目当てのものが全てそろったら、ようやくレジへ。
レジはベルトコンベア式で、自分で一品ずつ乗せていくと、少しずつ流れてカウントしてくれます。レジ袋一切なし。ほしい場合は有料。割れ物などの梱包もセルフで。
ま、そのあたりはエコですな。車までカートで運べば問題なし。
細かいものを買う時には、自分で袋持参か、袋購入。

所要時間:約3時間45分 
今回はあくまで「かる〜く」偵察だったので、今度は家の中を再度点検して、結婚8年目の大改革用に、再チャレンジしたいと思います。
おつかれさまでした!!

ちなみに今回のちーまる家散財結果は・・・↓ 
続きを読む >>
| ショップ | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0)
IKEAの歩き方〜その2・マーケットホール 
2Fショールームをかる〜く一回りして、ふと時計を見ると2時間経過・・。
いつになったら出口にたどりつけるのか。

ショールームでイメージを膨らませて、1Fに降りると、そこは、家具以外の雑貨一式を陳列しているマーケットホール。
食器・収納・カーテン・カーペットなどなどなど・・・・・・。

オープニングセールだからというわけではなく、「ここは100均ですか??」と目を疑うような安い雑貨が勢ぞろい。もちろんお高いのもありますが。。。


『オープニング記念マグ』(¥50)

50円ですって!
IKEAのロゴと開店日入りと、全くシンプルな白バージョンがあります。




『フライパン(直径24cm)』(¥350)
軽い!!!安かろう悪かろうではなさそうです。
とぶように売れてました。
でも、私はその誘惑を振り切って、「どうせだったらもうちょっといいもの買おうか」と横を振り向くと・・・・。






『種類ありすぎ!』

結局のところ、ありすぎて決められず・・・。






『この前3000円で買ったのに・・・』

ここに写っている全てのクリップライトは1000円以下。安いのに怒りすら感じます・・。私の2000円を返してくれ!!



『IKEAの主??』

いたる所にこの緑のヘビのぬいぐるみが山積みに。小さい子供は怖くて泣きじゃくる子も。スウェーデン人の感覚は変わってる?



| ショップ | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0)
IKEAの歩き方〜その2・マーケットホール 
2Fショールームをかる〜く一回りして、ふと時計を見ると2時間経過・・。
いつになったら出口にたどりつけるのか。

ショールームでイメージを膨らませて、1Fに降りると、そこは、家具以外の雑貨一式を陳列しているマーケットホール。
食器・収納・カーテン・カーペットなどなどなど・・・・・・。

オープニングセールだからというわけではなく、「ここは100均ですか??」と目を疑うような安い雑貨が勢ぞろい。もちろんお高いのもありますが。。。


『オープニング記念マグ』(¥50)

50円ですって!
IKEAのロゴと開店日入りと、全くシンプルな白バージョンがあります。




『フライパン(直径24cm)』(¥350)
軽い!!!安かろう悪かろうではなさそうです。
とぶように売れてました。
でも、私はその誘惑を振り切って、「どうせだったらもうちょっといいもの買おうか」と横を振り向くと・・・・。






『種類ありすぎ!』

結局のところ、ありすぎて決められず・・・。






『この前3000円で買ったのに・・・』

ここに写っている全てのクリップライトは1000円以下。安いのに怒りすら感じます・・。私の2000円を返してくれ!!



『IKEAの主??』

いたる所にこの緑のヘビのぬいぐるみが山積みに。小さい子供は怖くて泣きじゃくる子も。スウェーデン人の感覚は変わってる?



| ショップ | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0)
IKEAの歩き方〜その1・ショールーム〜 
デカイもん好き。インテリア好き。新しいもん好き。
3拍子揃った私が行かないわけがない!

「4月24日オープン IKEA JAPAN

千葉県船橋市の旧ザウス跡地に建てられた超巨大店で、スウェーデン発のデザイン家具・インテリアの総合ショップです。

この一週間でいろんなメディアで取材されていましたが、大混雑が予想されるGW前の水曜日、一足先に堪能してまいりました。
東京ドームがすっぽり入るという床面積に、ジーンズにスニーカー、肩掛けポーチでやる気はまんまん!
三拍子女にとっては、ディズニーばりのわくわく感であります。


『ショッピングの必需品』

●ショップマップ
●IKEA鉛筆
●ショッピングリストメモ
●メジャー

この4点を握りしめ、いざ2Fショールームへ。





『ショールームは70種類』

6畳にも満たない一人暮らしの想定からリビングダイニング・子供部屋など、いろんなテイストの家具やインテリア雑貨がプランニング展示されています。
「この部屋の家具全部で○円」という表示が何ともお買い得感。

はりぼてのパソコンや雑誌以外の雑貨まで全てが売り物。ただしここのはサンプルなので、欲しい物があれば、値札と赤いタグに書かれている棚番号と列番号を「ショッピングリスト」にメモしておきます。



『まるまは非売品』

「ぼく、この部屋一式でいいもん。」と座り込むまるまさん。
値札がついているように見えますが、あれは椅子のタグです(笑)。
もちろん、ショールームは全てのものに触れるし、座れるし、寝転がれます。何ならバスタブにも入れます。ほら!先は長いんだから、もう行くよ!!



『引き出しの中もぬかりなし』

システムキッチンの引き出しを開けると、そこにも売り物の雑貨が配置されて、「こういうものがこれだけ入ります!」というのをアピール。家具を売る目的のほかにも、小物だけでも買ってけよというわけです。
キッチンだけじゃなくて洗面所・下駄箱・ベッドルームのクローゼットまで、「ここに人住んでんじゃね??」って位完備されてる小物。さすが商売上手。
| ショップ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)
MoMAの雑貨 
もうすぐバレンタインですね。
ネットサーフィンをしていると、どこもかしこもバレンタイン特集で、女性の立場も忘れ「自分が食いたいっつーの!」とよだれもののスイーツ揃い。
職場にしたって大型SCですから、正月明けからどこ見てもハートの飾り物です。

うちは・・・、あまりイベント重視の夫婦ではないものの、気分はかなり流されやすいタイプ。だって、節分も結局恵方巻き食べてるし!
というわけで、まんまと流されて、チョコ系スイーツもギフトも「お取り寄せ」にしてみました。
無論、14日まで「対象人物」の手前、ここで発表するわけにもいかないんですが、「今話題の・・・!!」のキャッチコピーがどれほどのものかを検証し、後日またレポートしたいと思います。

さて、そのサーフィンの賜物というか、最近私がはまっているオンラインショップをご紹介。

125-125_doziMoMAオンラインストアジャパン

MoMAと言えばいわずとしれたニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art/MoMA)。そこから発信しているデザインコレクションに基づき、デスクに置くテープカッターからキッチンのグラス、リビングの椅子まで、さまざまなデザインテーマによる商品が満載の素敵なお店です。見ているだけで気分はニューヨーク?
値段もそんなに高くなく、自分用でもギフトでも重宝しまっせ!
ちなみにバナーに写ってるのはクリップホルダーです。


パソコン好きな自分or彼氏などにこんなものはいかが?

OYO ラップトップライト

かーわいいよね?
デザインと機能を両立させるレクソン社のテオ・ウィリアムズが作った、使う場所を選ばないキーボード用ライトです。パソコンのUSBポートに接続するだけで使用可能(電池不要)。外出先への携帯もOK!可動式のネックは角度を自在に調節でき、好きな位置をキープ。

| ショップ | 23:44 | comments(2) | trackbacks(0)
ヨドバシakiba〜それぞれのオタクフロア〜 
早く書かないと・・・と思っててももうだいぶ記憶が薄れてるけどねー。今日で溜まりにたまったお仕事が一区切りついたので、やっと書けるぞっと。

さて、続き。

〜3F カメラ・時計・理美容品のフロア〜

ここに上がってきてふと思った。
『あー、そうか「ヨドバシカメラ」だもなー。』と。

カメラ売場がすんごい広い。
あの「千と千尋の神隠し」の釜ジイの部屋のような棚はなんだ??レンズフィルターだっ!
おぉぉ!三脚だけで何十種類あるんだ??
あれは!「どうでしょう」で洋ちゃんが撃っていたバズーカじゃないかー!重っ!
・・・なーんて驚きの連続。無意味にスタジオ持ちたくなりましたね。
ここだって立派なオタクワールド。ちょっとだけ年齢層アップで渋いオジサマや「おい、カメラ持てんのか?」的なオジイサマまで、真剣にレンズを選んでおりました。デジカメコーナーもすごいけど、やっぱり一種独特なこだわりの雰囲気は、銀塩カメラに勝るものではありません。

〜4F 音と映像のフロア(AV機器)〜

売れてますからね〜、テレビは。それこそ100種類以上のモニタが壁いっぱいにならび、いっせいに画像が動くもんだから酔っちゃうの。
オーディオルームにもAVオタク(いやん)は健在。ただ、その横のDJ機器コーナーの方が今は活気がありましたけど。
ヘッドホンだけで壁を埋め尽くしてたけど、何の違いよぉぉ??

〜5F 生活家電のフロア〜

ここまで来ると、さすがに足腰が疲れてくるわけ。
そーっすっと、虫除け灯に群がる虫のように、みんな群がる「マッサージチェア」コーナー!20台以上あるチェア取り合戦はもう修羅場そのもの。
子供を使って「ほら!あんた!そこにかばんを置いて、隣もキープよ!!」。
買う気ないっしょ、はなっから!15分200円でも取りなよ、ヨドバシ・・・。

私もちょっと座ったけど周囲の目が怖くて、全身コース15分などいられず、ダンナとタッチ。彼はすぐさまとろけておりました。私はその間、キッチン家電コーナーへ。喉かわいたからね。エスプレッソマシンの試飲会をやってるわけ。

・・・・というわけで、生活家電コーナー=無料リフレッシュコーナーです(笑)。

ここは種類別陳列の他、メーカー別ブースがあるので、同じメーカーで家電を揃えたい人、コーディネートしてもらいたい人は、それも見やすいと思いました。

〜6F おもちゃ・ゲーム・楽器・CD/DVDのフロア〜

出ました!フィギュアコーナーあり!普通の路面店には怖くて入れないので、ここですかさず体験に。さすがにディープなものはないので、イタタ系はそんなに多くはありませんが、「超人気!」「売れ筋No.1」と書いてあるフィギュアでもさっぱり何のキャラかは意味不明。深いっすね。
その他鉄道模型や武器模型、迷彩服(サバイバルゲーム用?)プラモ、そして各クラフトに使うあらゆるパーツが何万とあり、ドンキなぞ目じゃない雑多な空間。
でも、なーんか楽しいっつーか。何に使うのかさっぱりわからないパーツもなぜか欲しくなっちゃうのは、やっぱり私もどっぷりオタク道に入ってるからなんだろうな。
あと関係ないけど、「TAMIYA」の★マークを見るとうれしくなるのは私が静岡っこだからかなあ?

ちなみに、かくいう私もお隣の浅草橋に行ったらすごいよ。ビーズアクセおたくだからさ。「ダルマ、ナスカン、9ピン、丸カン、カツラ、カニカン、カシメに連バー・・・」とかつぶやきながら歩いてますからね。ダンナ連れで行った時はドンビキでした。

うちのダンナは萌え系の趣味はないけど、この日の服装はメガネに綿シャツにGパンにデイパック・・・。あぁ、風景に溶けていきます、ダンナ様〜。akibaに溶け込みすぎて見えません〜。あとiPodshuffleでも首から提げて、デイパックからはビームサーベルでも見えてた日にゃ・・、(離婚考えるけどね・・)。

その後楽器コーナーでサイレントドラムを嬉々と叩いているダンナの横では、さっきフィギュアコーナーでギャル系を買っていた真性オタクが、エレピでショパンを弾いていた。深い!深いぞA-boy!

1Fから6Fまでホントに駆け足で見て回って3時間。ご飯を食べてから店を出たらもう夜9時でした・・。
もっと早く家を出ればよかったけど、この人ごみでもう2時間もいたら体がもたなかったな。どうして、もっと早く家を出なかったのか。何が佐々木家を引き止めていたのか?それはまた別の話・・・。

| ショップ | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
ヨドバシakiba〜2F PC周辺機器のフロア〜 
<2F パソコン周辺機器・PCソフトのフロア>

・・・そして私は天国へ着いた・・・・。

このフロアはパソコン本体を除く、パソコン関係で使う全てのものが揃う。
マウス、ケーブル、プリンタ、スキャナ、自作パーツ etc.
秋葉原が電脳街から萌えの街になぞまだまだ変わっちゃいない。
大小のマザーボードが陳列されたガラスショーケースにへばりつく電脳オタクどもの山。中身がフィギュアじゃないだけだ。どのジャンルのオタクも健在。
うんうん、こーでなくちゃ秋葉原はね。

そして私のオタク魂が燃え上がる一角が!
プリンタ用紙の棚、棚、棚・・・・。いやぁぁぁぁぁっ!パラダイス!!
プリンタメーカー純正用紙はもちろんのこと、サンワサプライ、エーワン、ヒサゴ、コクヨ、PLUS、通ごのみのToo・・・。
各メーカーのあらゆる用紙が揃ってまーーーっす。
ハラショー!ブラボー!エクセレンット!!

名刺用紙だけで320種類の陳列ですよ!信じられますか、奥さん。
その他もおして知るべしです。

印刷フェチの私には鼻血ものでありました。絶対メーカー直販サイトでしかお目にかかれなかった紙も、今まで見たことなかった紙も、ここにはありそう。メーカー的にも今まで売れ筋しかお店に並べられなかった分、マーケティングできる絶好の場所とばかり、全種類置いてみました〜みたいなところあるんだよね、きっと。

今までのパラダイスは東急ハンズだったけど、文句なしここのフロアにKO負けっす。先日友達の結婚式招待状を作る際、新宿&渋谷のハンズをはしごして用紙調達してたけど、ぜんぜんこっちの方が種類多かったって。
まぁ、ハンズはブライダル専用のセット販売がほとんどだからしょうがないけど、こちらは当然パソコンで作る専用紙でなおかつ多目的なものがいーっぱいあるから、選びたい放題だった。何故もう一ヶ月早くオープンしなかったんだ、ヨドバシィ・・・。これから手作りしようとする人たち、ここで買った方がいいっす!

普通のA4インクジェット用紙やコピー用紙は当然平積みの山。私の胸位の高さまである。レーザープリンタのトナーは全機種・全色用が当たり前のように揃っている。DVD-Rは10枚500円?安っ!!! CD-Rにいたってはもはや投売り状態。
ここはアスクルの倉庫か?そうだそうだ、きっとそうだ。

我に返ってふっと隣のブロックを見ると、場違いな色鮮やかなジュース陳列庫が・・・・。あっっ!違う!これは・・・。インクだ。インクジェットプリンタの。こんな並べ方は初めて見た!というよりこんな大量な陳列は初めてだ。
遠巻きに見ると絶対にジャスコのジュース売場だって。ブリックパックの大放出〜みたいな並べ方なんだよ。(あぁ、店内撮影できたら見せてあげられるのに)思わず喉かわいちゃったもの。
それにしても、カメラのフィルムなら保冷庫に並べるのもわかるけど、インクって冷やす必要あったっけか?そもそも保冷庫だったかは定かではないが。

そこの一角だけで、もう恍惚の放心状態だった私は、ダンナに「口!閉じろ、口!」とか「もういいっすか?先生。勘弁してくださいよ。」とか言われながら、なかば引きずられるようにしてそのフロアを後にした。

おまけ。
PCソフトと書籍も揃ってますが、それはまったく普通でございました。はい。
はしゃぎすぎちゃって「エビフライUSB」か「イェーイドライブ(親指の形したUSBメモリ)」を買って帰るのを忘れてしまった。

次回は3Fへ。



| ショップ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
ヨドバシ・マルチメディアakiba体験記〜1F〜 
すするカップラーメン。目はテレビ。そしてどちらからともなく・・・
「行く?」「行くか。」

うちの行動スタートはいつもこうだ。
W杯最終予選の北朝鮮戦PVだってそうだった。
午後までごろごろし、出かける気力などかけらもなかった二人が、何かの拍子にスイッチオンすると、30分で身支度が完了する。午前中3時間かけて着替えもしなかったのにだ。

今回の行き先は、『電車男』最終回で俄然盛り上がりを見せている秋葉原。
オープニングセール真っ最中のヨドバシカメラ・マルチメディアakiba館だす!
台風周知・激混み承知で3連休のど真ん中に出かけた。

午後4時
つくばエキスプレスの開通で劇的にきれいになった秋葉原駅をすりぬけて、でっかくそびえたつヨドバシakibaへ到着。

<1F パソコンと携帯電話のフロア>

きっととっても広いビルなのに、買い物客と冷やかしの客で1Fフロアは立錐の余地なし。携帯電話も常時200台の実機展示で、「1円セール」「10円セール」の山積みもある。各キャリアごとにお兄さん達が脚立の上から拡声器で呼び込み合戦。
声が重なって結局何がなにやら・・・。値段は・・・普通。

そしてパソコン売場。事前に日経パソコンの記事を読んだら、「280台の実機展示」とあり、「うっそだぁ〜」と思いきや。。
ふわわわぁ、あるよ。マジで。見渡す限りのパソコンの島。きっと各メーカーの現行ベースモデルは全部おいてあるってか!
気分は販売店というより「PC EXPO」?機器展でもこれだけ揃うことはめったにない。

圧巻ではあるけれど、PC初心者にとっては大混乱じゃないかな^_^;。
この中で何をどー選べってゆーのさ!とばかり、半泣き放心状態のお客様が多々いらっしゃいました。

PC買い替えユーザーにとっては、ある程度モデルを絞ってきているだろうから、お目当ての実機を確認するにはパラダイスなんじゃないかな。
普通の量販店は売れ筋モデルを数種揃えてるだけで、あとはパンフでお取り寄せってのが一般的だからね。
私の目の前にすっとやってきたサラリーマンは、スタートメニューを2〜3個開いて、メモ帳でキーボードタッチを確認して、近くの店員に「これ1つ、持ち帰りで」と。ものの3分。
お客さん、ケーキお買い上げ??みたいな。かっけー!

「ふーむ」「すげー」「何だろうここわ?」「どこまであんのよフロアが。」

その言葉をエンドレスローテーションに、口を半開きにして私達のakiba館めぐりが始まった。

感想は書ききれないので、しばらく連載で(~o~)。次回2Fへ!




| ショップ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)
ホメオパシーセンター 「U*Homoeopathy」 
今日は七夕。梅雨だけに、夜空の逢瀬は今年も見られなかったけど、先日20年来の親友から、どうやらやっと結婚内定との報告があり、久しぶりに「よっしゃー!」な気分。
こちらは一年に一度の逢瀬なんかじゃない、一生過ごす(であろう)相手だもの。幸せ度が違う。自分のことのようにハッピーな気分に浸っています。

っつーか、私の結婚式のとき、わざわざブーケ手渡ししたじゃん!お前!
何を7年もかかってんのよ!逆効果だったってか??
いろんな人のブーケもらいすぎて、相殺されてたってか?

・・・・なーんてなことは、思ってても言わないわけ。大人だから(^.^)。
何はともあれ、よかったね、ゆうちゃん。

今日は、そんな今絶好調のゆうちゃんが開いているお店をご紹介。

U*Homoeopathyの店内
『U*Homoeopathy』
静岡県浜松市にあるホメオパシーセンターで、手作り小屋風の静かなカウンセリングルームです。

そもそも「ホメオパシーとは何ぞや?」ですよね。
私も彼女が携わるまで全く知りませんでしたし、現在でも彼女以外からその言葉を知る機会はまだまだ少ないです。

詳しくはU*Homoeopathyホメオパシージャパンを見ていただくのが一番ですが、

ホメオパシーはギリシャ語の造語で、Homoios(似たようなもの)とPatheia(病気)を組み合わせたもの。日本語では同種療法と訳されています。

発熱した時は、もっと熱が出るようにして、最後には体から熱を追い出してしまう。体が元来欲している症状を抑えないってことですね。
「熱には熱を」ってのが同種療法。
その症状を起こす物質が極微量に含まれたレメディーという小さな粒(お薬ではなく原料は砂糖)を処方してもらい、自己治癒力を引き出しながら治していくそうです。

日本ではともかく、発祥の地ヨーロッパ、特に英国(今何かと騒がしい)では
王室も専門医を置くような、由緒正しく、メジャーな古き良き療法だそうですよ。

私が言うとなーんかうさんくさく聞こえるけど、大丈夫。少なくとも「壺」は売ってないし、「不要リフォーム」も薦められませんので(^.^)。

大都市圏だと、いろんなところに相談センターがあるのですが、地方都市にはまだまだ少なく、静岡でもここのセンターは貴重な存在です。
「ここにあるの知らなくて、名古屋か東京に行こうと思ってました」という方が続出だそう。
ホメオパスであるゆうちゃんは、以前アロマテラピストも経験しており、またこのセンターを開くまでには何年も東京−浜松を往復して勉強し、海外研修もへて、もうすっかり心と体の癒しのプロです。人柄も私が保証します。
ちょっと優柔不断で、ちょっと子供で、ちょっとプリンスバカですが・・・いやいや、ちゃんと保証しますからっ。

何らかの症状でお悩みの方、薬に頼らず自己治癒力を信じてみたい方、ぜひ一度Webサイトをご覧になってみてくださいね。
| ショップ | 22:42 | comments(2) | trackbacks(0)
6/1 OPEN!『Arnie Nail&Sempre Bonita!!』 
地元・浜松に私の後輩が、新しいお店をオープンしました!!
場所はZAZA CITY浜松 中央館 3F、
お店の名前は『Arnie Nail&Sempre Bonita!!』 でありまーす。

静岡県初!クイックネイルマシーンを導入したネイルサロンと、
夏を意識したラテンカジュアル服のお店なんだって。
続きを読む >>
| ショップ | 23:17 | comments(7) | trackbacks(0)
selected entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
profile